1. 株式会社アオバヤ
  2. 経営計画作成にあたって
  3. 第43期経営計画作成にあたって

経営計画作成にあたってPREPARING THE MANAGEMENT PLAN

第43期経営計画発表にあたって

今ほど、「強い会社」の必要性を感じたことはありません。大きな困難があっても、ぐらつかない、力強く仲間を守っていける強いアオバヤにしなければならないと強く感じています。

緊急時に必要なのは、「今の力強さ」と「過去の蓄え」です。今、アオバヤが震災の悪影響に耐えていられるのは、過去の蓄えによるものです。今の実力だけではこの困難を乗り越えるのに十分ではありません。力強い「今」をつくることが緊急命題です。

今回の経験で、「普通」が以下に有り難く尊いものであったかを知りました。私たちの普通の感覚はかなり高品質です。ちょっとした手違いが不満要素になってしまいます。視点を変えて、お客さまから見た私たちへの「普通」はどうでしょうか。私たちの行動やサービスは、お客さまの普通を満たしているでしょうか。まだ、自信を持ってできているとは言いがたい状態です。

3年掛けてアオバヤの体質を変えていきます。経営計画書、アオバヤCUBEの実践を通じて、私たちの「新しい普通」が本物になったときに、強いアオバヤが生まれます。

この経営計画書は、経営幹部が昨年までの過ちを正し、役員・執行役員が仕上げをして作ったものです。社長の役割は、やりがいのある仕事の環境を整えることです。社員、ビジネスパートナーの役割は、経営計画書の実行です。当然、それで出た成果は、皆さんのお手柄となります。

私は、全ての仕事の仲間の仕合わせのために、先頭に立って汗をかき、あらゆる困難に立ち向かい、情熱あふれる経営を推進します。共に困難に立ち向かい、「強いアオバヤ」を作り上げましょう。

平成23年6月3日
代表取締役社長 高橋 亙

49期 48期 47期 46期 45期 44期 43期 42期 41期 40期 39期 38期 37期 36期 35期

アオバヤに関するお問い合わせはこちらから

アクセス

Copyright(c) 2017 株式会社アオバヤ All Rights Reserved.