1. 株式会社アオバヤ
  2. 経営計画作成にあたって
  3. 第48期経営計画作成にあたって

経営計画作成にあたってPREPARING THE MANAGEMENT PLAN

第48期経営計画発表にあたって

節目の年は飛躍の時でもありますが、見直しをするチャンスでもあります。百年企業になるまで半分を過ぎてあと40年となりました。ここで大きく花火を打ち上げるのではなく、前進しつつ過去の見落としているところを次の5年、10年を見据えて修復して行きます。この1年を百年企業となる備えの年とします。

私の社長としてのゴールを設定しました。

  1. 2028年に社長交代する。
  2. 売上がゼロでも、3年間社員の所得を保障できる体質をつくる(蓄えるだけでなく、地域で10%増の給与も実現する)。
  3. 売上は10年以内に100億円を突破する。

今年の社員アンケートでは、社内のコミュニケーションに課題があると記されていました。形骸化している仕組みは見直して、上司・部下間はもちろん、事業の壁も越えて、円滑に強く良い関係となるように改革します。更に、「これまで問題とされていた拠点」「有効利用されていない不動産」「一時停滞していたIT」「時短、休日所得」にもしっかりとメスを入れていきます。お客さまにも評価いただいている「親切」「丁寧」「安心」「礼儀正しさ」「アットホームな雰囲気」は更に強化し、新事業の開発、M&Aも積極的に取り組んでいきます。

この経営計画書は、社員の仕合わせの実現とお客さまに愛され支持される会社になるために、数字による目標と方針を明確にし、経営幹部とともに全身全霊を込めて書き上げたものです。私は、この経営計画を実現し、お客さまに喜ばれ、長期的な社員の仕合わせ実現することを使命として、先頭に立って汗をかき、情熱あふれる経営を行うことを誓います。

平成28年5月27日
代表取締役社長 高橋 亙

49期 48期 47期 46期 45期 44期 43期 42期 41期 40期 39期 38期 37期 36期 35期

アオバヤに関するお問い合わせはこちらから

アクセス

Copyright(c) 2017 株式会社アオバヤ All Rights Reserved.